EMI OSADA / 長田絵美 

 

1988 Born in Tokyo
2011 BFA in Art History and Aesthetic of Philosophy at Keio University(Tokyo)
2011 Art&Design course at Central Saint Martins College(London)
2014 The 2nd BFA at Academy of Art University (San Francisco)
2011 Solo exhibition at Impossible Project K.K. Tokyo
2012 Art Gate Program Auction 13 by Mitsubishi Corporation
2013 Art Gate Program Auction 15 by Mitsubishi Corporation
2013 Art Gate Program Auction 17 by Mitsubishi Corporation
2014 Group exhibition Various Values at Gallery Q (Tokyo)
2016 Group exhibition Creative Juice Gallery Q (Tokyo)
2016 Solo exhibition e.g.g.o0056 EMI OSADA EXHIBITION Taigado Gallery (Kyoto)

2017 Solo exhibition RHYTHMIC MOLECULES by EMI OSADA E.TAY Gallery(New York)

  Her series of paintings is closely connected to traditional Japanese culture. She depicts the genuine pulse of animals with lively brush strokes that are related to the peculiar rhythm of Japanese "Nihon-buyo" dance and "Sho-do" calligraphy. 
  "Sho-do"calligraphy is an art of movement. “Sho” stands for calligraphy and “do” means the way. The process of “Sho-do” is believed to be a path that leads to comprehension of life’s meaning. It is the art of giving life to the brushstroke and endowing all characters with movement. In each brush stroke, the mind is vividly present.  We tend to be constrained by superficial elements in everyday life but those elements might be a result of movements that embodies the minds and spirits.
  In her work, each brush stroke has the potential to express the organic and spiritual motions that form the structure of the animal.

 


略歴
1988年 東京都生まれ
2010年 ロンドン大学セントラルセントマーチンズ (英国・ロンドン) アート&デザインコース
2011年 慶応義塾大学 美学美術史専攻卒業
2014年 Academy of Art University(米国・サンフランシスコ) ファインアーツ・油画専攻卒業
2014年 Tapir Editions Artist Studio(米国・ニューヨーク) アーティストアシスタント
2015年より東京都在住

賞・展示
2011年 第11回三菱商事アート・ゲート・プログラム
2011年 第13回三菱商事アート・ゲート・プログラム
2012年 第17回三菱商事アート・ゲート・プログラム
2012年 Bluxome gallery グループ展 (米国、サンフランシスコ)
2013年 ギャラリーQ グループ展「Various Values」(銀座、東京)
2016年 ギャラリーQ グループ展「Creative Juice PartII」(銀座
、東京)
2016年 大雅堂ギャラリー 個展 「e.g.g.o 0056 長田絵美展」(祇園、京都)
2017年 E.TAY GALLERY 個展 「RHYTHMIC MOLECULES by EMI OSADA」(米国、ニューヨーク)

2017年 Galleria360 グループ展「Colors of the soul」(イタリア、フィレンツェ)

2019年 大雅堂ギャラリー 個展 「e.g.g.o 0068 感情図録 長田絵美展」(祇園、京都)

踊りや音楽、書道、香りなど五感を通して感じ取ってきた緩急のリズムや有機的形と無機的形のバランスを表現しています。鼓動のリズム、木の枝や動物の身体のカーブ。

緻密に陰影を描くことよりも、このリズムを含んだラインで動きを表現することによって

生き物らしさを平面に抽出できるのではと考えています。

小さい頃から、顕微鏡画像を見るのが好きでした。 生き物の一部とは思えないほど、機械的で連続的な幾何学模様に溢れていたのです。 まん丸な地球の中には、不整形の有機的な形が無数に散りばめられており、その個々をさらに拡大してみると、 また非有機的な幾何学模様が現れる。 私は、この2種類の相反する要素が上手にバランスを取りながら、生き物を形成しているということに強い関心を持つようになりました。 その2種類のかたちの共存は、音楽や舞踊といった、視覚を超えたところにも繋がっているように思えます。

幼い頃より日本舞踊や書道といった日本の伝統文化にも触れてきた中で感じ取ってきた、静と動、丸みと鋭さなどの 相反する要素が共存する筆遣いで、命のかたちを表現しています。 

人やもの、場所、すべてのものとの出会いやかかわり合いの中で生まれた感情を、時に客観的な視点から動物に投影しており、擬人化することによって、人間が普段理性によってつい隠したり繕ってしまうより感情をより純粋に描き出したいと思っています。

 

 

 

 


 

 

 

© 2015 by Emi Osada. Proudly created with Wix.com.

  • facebook-square
  • Flickr Black Square
  • Twitter Square
  • Pinterest Black Square